「〜ておく」の意味 [コメントする]

「〜ておく」の意味


過去ログ(管理人) さんのコメント
 (2003/10/14 13:28:20)

※これは過去ログを整理したものです。(管理人)

[354] 「買います」と「買っておきます」 投稿者:イェスパー 投稿日:02/03/30(Sat) 23:50

はじめまして。どうしても教えて頂きたい事があります。
「旅行に行く前に地図を買います」と
「旅行に行く前に地図を買っておきます」、この違いを
学習者にどう説明すればいいのでしょうか?
------------------------------------------------------------------------
[356] 「伝えたいことを明示する」ということ 投稿者:Oyanagi 投稿日:02/04/01(Mon) 00:18 <URL>

イェスパーさん、こんにちは。
> 「旅行に行く前に地図を買います」と
> 「旅行に行く前に地図を買っておきます」、この違いを
> 学習者にどう説明すればいいのでしょうか?
この場合は「〜を買います」の部分は共通していて、
後者は、それに「〜オキマス」という要素が付け加わっているという考え方でいいのではないかと思います。
初級では基本的(:補助動詞や助動詞や接尾語などがつかない)な文型から勉強しますから、この場合のように、どのような意味の要素が付け加わって、『どのようなことを明示する』ことができるかを分かりやすく示してあげればいいと思います。
イェスパーさんもご存じかと思いますが、「〜てオキマス」には<準備>のためにそれをするという意味を示します。
ポイントは基本文型でも、『文の前後の関係からそのような意味に解釈できる』けれども、『それを明示する』ために「〜てオキマス」を使うことです。
つまり、「Aスル前に Bスル」は基本的にはBをいつするかについて示すことです。ですから、文全体が<準備>の意味にならなくても使うことができます。
例)(銀行は3時までだから)山田さんのうちに行く前に銀行に寄ります。
ということで、イェスパーさんが挙げた例文は、「〜ます」の文も<準備>の意味で解釈されるために「〜してておきます」違いが気になったのだと思いますが、上のような考えかたでやってみてはどうでしょう。
------------------------------------------------------------------------
[368] 伝えておきます 投稿者:ちょび 投稿日:02/05/04(Sat) 18:18

ちょうど導入に行きづまっていたことだったので、便乗質問させていただきま
す。
「〜ておきます」には3つ用法があると思います(「そこがしりたい日本語
何でも相談室」より一部引用)。
〕儖奸準備
●ホテルの予約をしておく。
●買っておく。
対応・対処 ・一時的な処置 
●その書類はあとから見ますから、そこに置いておいてください 
●ドトールで注文をする前に空席に荷物を置いておいた
J置する、〜ままにする
●子どもを遊ばせておく。
今回、教材(電話での会話:目的は敬語の使い方)に「主人が帰りましたら
、そのように伝えておきます」という文が
でてきました。おそらくこれは△乏催するのではないかと思いました。
そこで、
まず、「〜ておく」の「処置」の用法
「ドトールに入ったら、まず空席に荷物を置いておく」
どうして?「他の人が座らないように」(処置)
その導入後に「そのように伝えておきます」につなげようと思ったのですが
、どうも用法が違う気がします。おをらく、「荷物を置いておく」とは違って
,
「そのように伝えておきます」が対話表現だからではないかと思います。
1「主人が帰りましたら、そのように伝えます」
2「主人が帰りましたら、そのように伝えておきます」
私たちは日常2の文をよく使っています。それは、1の文より改まった感じ
がしたり、「確実に伝える」と態度が明示されるからではないかと思います。
●「伝えておきます」上記の三分類の△謀てはめてよいのでしょうか?
● 他に対話表現で「伝えておきます」と同じような「〜ておきます」の
 使い方では、どんなものがあるでしょうか?
●「伝えておきます」と「伝えます」の違いは「どちらを使ってもいい」と
 言ってしまっていい程度の違いでしょうか?
だんだん、何が聞きたいのか自分でもわからなくなってきました(^^;;;
勉強不足でお恥ずかしい限りですか、この3点についてご意見をお伺いできれ
ばと思います。
------------------------------------------------------------------------
[401] Re: 伝えておきます 投稿者:ワラビー 投稿日:02/06/17(Mon) 17:02

> 「〜ておきます」には3つ用法があると思います(「そこがしりたい日本語
> 何でも相談室」より一部引用)。
> 〕儖奸準備
> ●ホテルの予約をしておく。
> ●買っておく。
> 対応・対処 ・一時的な処置 
> ●その書類はあとから見ますから、そこに置いておいてください 
> ●ドトールで注文をする前に空席に荷物を置いておいた
> J置する、〜ままにする
> ●子どもを遊ばせておく。
>
> 今回、教材(電話での会話:目的は敬語の使い方)に「主人が帰りました
> ら、そのように伝えておきます」という文がでてきました。
> ●「伝えておきます」上記の三分類の△謀てはめてよいのでしょうか?
> ● 他に対話表現で「伝えておきます」と同じような「〜ておきます」の
>  使い方では、どんなものがあるでしょうか?
> ●「伝えておきます」と「伝えます」の違いは「どちらを使ってもいい」
> と言ってしまっていい程度の違いでしょうか?
>

たしかに、「伝えておきます」は上の3分類に入りにくいと思います。そこで4番目の働きとして、
   丁寧に責任を持って実行するつもりの予定を表わす。
としてみたらどうでしょうか。「ておく」はある目的のためにあることを行うというのが元の意味だと思いますが、目的が具体的ではなく、何も問題が起こらないようにというように曖昧な場合には、必ずキチンと行うという予定の表現になるのでは思います。「伝えます」では単なる意志表示ですから、必ず、キチンと行うというニュアンスがないのだと思います。
このような例は他にも
   この手紙は(必ず)明日までに出して置きます。
   5時までには図書館に本を返しておきます。
などが考えられるでしょう。
「伝えておきます」と「伝えます」の違いは、そんなに大きくはないでしょうが、「責任を持って必ず」という意味合いを込める時には「伝えます」を使うといった説明で十分ではないでしょうか。
------------------------------------------------------------------------
[373] 便乗質問歓迎! 投稿者:Oyanagi 投稿日:02/05/08(Wed) 04:39 <URL>

ちょびさん、こんにちは。
あんまりレスが遅くなってはいけないので、とりあえず気になった点だけさっとまとめておきました。
「〜ておく」の用法を3つ、引用して挙げられてますね。
他の参考書も似たりよったりだと思います。
それで、実際、現場でこのような3分類にして、それぞれ導入、練習しているのか、ちょっと疑問に思いました。というのも私の場合は、確か初級では次の2点だけだったような。
(X)準備・用意
(Y)そのままにする
これは手抜きだったかも・・・。
まあ、それはそれとして、ある例文が、既存の分類のどれに当たるのかと考えたときに、
「あれ?どれだろう」と思うことはけっこうありますよね。
その時の対処方法は、ええと、あ、同じようなことをちょっと前に日本語オンラインの掲示板[2]でも書きましたね。「一応」のスレッドですけど。ご覧になりました?
そちらもみてもらうとして、
(ア)無理やりどれかに入れてしまう。
(イ)原点に戻って、自分なりに分類してみる。
の二つがあると思います。
今回の例文ですが、
> 1「主人が帰りましたら、そのように伝えます」
> 2「主人が帰りましたら、そのように伝えておきます」
> 私たちは日常2の文をよく使っています。それは、1の文より改まった感じ
> がしたり、「確実に伝える」と態度が明示されるからではないかと思います。
と書かれていますが、他の方も同じように感じるでしょうか。
まあ、慣用的と言われればそれまですが、確かに「伝えます」だと何かぶっきらぼうに聞こえて、「おきます」が付くと受け答えとして適切だなという印象がありますね。
私の考えでは、この「おきます」は
★ちょびさんの書かれた分類に無理に入れるならやはり(2)でしょうね。
>「ドトールに入ったら、まず空席に荷物を置いておく」
>どうして?「他の人が座らないように」(処置)
「主人にそう伝えておきます」
 どうして?「主人が(あなたの用件に)対応できるように」(処置)
とでもなるでしょうか。まあ、これでもOKかなって思いますが、どこかごまかしているかも。
★原点に戻るなら、
【ある動作を行うことを表わしながら、その後に起こることを示唆する】
となるでしょうか。
ちょっと分かりにくかもしれませんが、
【その後に起こることを示唆する】というのは通常の分類で言うところの「準備・用意/処置・対応」する目的/意図にあたる部分ですね。
そもそも「置く」という動作の意義素を考えると、
・手に持っている物をどこかの場所の上に移動させる部分に焦点を当てる(A)
が中心の意味になるのですが、この動詞には実は
・どこかの上に移動させられている状態(B)
・その物がこれからどこかに移動させられる部分(C)
の二つの部分が含意されています。
Cの部分は「えっ!」と思うかもしれませんが、「置かれたものはいずれまたどこかに移動するだろう」ということが私たちの経験から予想される事態だと考えてください。
 ◯→↓    ↑→◯
   ↓    ↑
   ◯ =>  ◯
−−−−−−−−−−−−
| A |
   | B  |
       | C |
ここで、お気づきのことと思いますが、補助動詞として「〜ておく」を使った場合には
・B→「そのままにしておく」
・C→「これから生じる出来事を見据えて、何かしておく」
    1)「準備、用意として前もって何かしておく」
    2)「それが問題なく起こるように、何かしておく」
という用法が生じます。
先に【 】に書いたものはCの部分に焦点を当てた場合の解釈を定義っぽく書いたものです。
ということで、「主人にそう伝えておきます」というのも、突き詰めていくと、Cの2になるのかなと思います。
「主人にそう伝えます」だと、自分が『何をするか』だけを述べたものになりますが、「そう伝えておきます」だと、『伝えることによって、その後の期待される動作(=主人がそれを聞いてとる行動)を示唆しながら、その行動を起こすに必要なことを私は『しておきます』よというふうに、話者が配慮している態度が現われるのだと思います。それで、応答表現としては適切に聞こえるのではないでしょうか。
こんなふうに考えてみましたが、いかがでしょうか。
ちなみにここに書いた「おく」の分析は国広哲彌先生の書かれた本から仕入れた知識です。(^_^;
ちょっと私の頭のフィルターを通った分、不純物が入っていますが・・・。そのへんはご勘弁を。
------------------------------------------------------------------------
[376] ありがとうございます 投稿者:ちょび 投稿日:02/05/10(Fri) 00:18

いつも、本当に丁寧なご説明ありがとうございます。
おかげ様で、自分のなかで「〜ておく」のイメージが大分できてきました。
語源も大切!!ですね。
ただ、Oyanagiさんの説明から、最後に自分自身の日本語の伝え方が
分かるようにまでなれば授業でも怖いものなしなのでしょうが…。そこまでは
とてもいけませんでした。
今回は結局「開ける」「開いている」「開けてある」「開けておく」のみ
復習もかねて導入して、「伝えておく」はごましてしまいました(^^;;;
突っ込んでくる学習者がいなくて、良かったです・・・(^-^;
分析も、学習者に伝える力もまだまだまだまだ。先は遠いですね。
ボランティアでやっているくせに、日本語を教えるとき、初めは自信たっぷ
り。それから、思ったように学習者に分かっていないことが分かって、自分の
日本語へのいい加減さと知識のなさに愕然。毎週その繰り返しです。
皆さんのようなレベルの高い話には、とてもついていけないことも多いので
すが、私のようなものの質問にも丁寧に答えていただけて感謝しています。
これからも、この掲示版で勉強させていただきたいと思っています。
よろしくお願いしますm(__)m
------------------------------------------------------------------------
[357] ありがとうございます! 投稿者:イェスパー 投稿日:02/04/01(Mon) 13:10

どうもありがとうございます!本当に分かりやすい説明ですね。
まだ日本語教師になりたてなので(←言い訳)自分だけではよく
分からない事がたくさんあります。またお世話になると思うので
よろしくお願いします!
------------------------------------------------------------------------


コメントする


なまえメール
WWW
タイトル
コメント
参考
リンク
ページ名
URL


[HOME] [TOP] [HELP] [FIND]

Mie-BBS v2.13 by Saiey