「会社を首になる」の「を」 [コメントする]

「会社を首になる」の「を」


過去ログ(管理人) さんのコメント
 (2003/10/16 14:11:49)

※これは過去ログを整理したものです。(管理人)

No.755
投稿時間:03/06/20(Fri) 13:57
投稿者名:inuyama
Eメール:tinuyama@hotmail.com
URL :
タイトル:会社「を」首になる

みなさん、こんにちは。
先日、生徒に質問された問題なんですが、考えているうちに
自信がなくなってきて、みなさんの意見を伺ってみようと
思い、投稿することにしました。
質問は、

「会社を首になる」という表現があるが、「なる」という動詞な
のに、どうして「を」をとるのか?

 この生徒は、
1 あの人ヲ目標二スル
2 腕ヲ枕ニスル

 などの、「〜ヲ〜ニスル」という形を既習で、そこから類推して
「〜ヲ〜ニナル」という形は変ではないかと思ったようです。

 その時は、「首になる」は「(会社を)辞めさせられる」という
意味の慣用表現だから、「首に」「なる」と分けて考えないで、
「首になる」一まとまりで、「辞めさせられる」と同じだから
だ、と答えておいたのですが・・・。

 後から、果たして本当に上の説明でよかったのかと不安になって
きました。
「(会社を)首にする」から、→「会社を首にされる」
→「会社を首(にされた状態)になる」とでも、言ったほうが
よかったのでしょうか?

 もし、みなさんが同じ質問をされたとしたら、どうお答えになり
ますか? ご意見をお聞かせください。

 また、このような「〜ヲ〜ニナル」という形は、これだけなの
でしょうか? 「会社を首になる」というのは、慣用句として、
例外扱いしていいのか、それとも他にも用例があるのでしょうか?
(自分は今のところ、思いつきませんが、一つ
 同じような意味で、「会社を免職になる」は言えるのかな?)

 よろしくお願いします。

No.764
投稿時間:03/06/25(Wed) 01:19
投稿者名:Oyanagi
Eメール:oyanagi@tky2.3web.ne.jp
URL :
タイトル:空いた席にだれが座るか

2003/06/25

inuyamaさん、こんにちは。Oyanagiです。

> 「会社を首になる」という表現があるが、「なる」という動詞な
> のに、どうして「を」をとるのか?

なかなか面白い問題ですね。この質問をいただいてすぐに思い出したのが、「休む」という動詞のことです。
「休む」という動詞は「学校を休む」のように「を」をとりますよね。なぜ「を」なのかってことは日本語教師でもほとんど気にすることはないのでは? 何かの本で読んだのですが、それによると「電車を降りる」のような「を」の使い方と共通するものがあるのではないかということでした。つまり、「離脱」する【場所】をマークする助詞ということですね。

★休む:「学校ヲ離れる」ということである。 →学校ヲ休む
と、なるわけです。

これがどうして「会社を首になる」と関係していると思ったかと言うと、この熟語の意味も「会社を離れる」ということだからです。
そうすると、考え方としては『空いた席に「ヲ格」の名詞句を入れた』と考えるのが分かりやすいと思います。

■考え方(1)「追い出す」を考える

(ア)Aさんが Bさんを 追い出す
(イ)Bさんが Aさんに 追い出される

このように、基本は【人】と【人】が項(指定席)に入っています。
そこで(イ)の文にあるニ格の名詞句を省略します。

(ウ)Bさんが( 空席 )追い出される

さて、これでも立派な文なのですが、もともと(ア)にしても(イ)にしても、Bさんが『どこから』追い出されたのかという情報がありません。これを付け加えようとしたとき、まさにその時が問題です。
ここで日本人の頭の中では、「追い出す」が「離脱」の意味特徴をもつ動詞であることから、【場所】をマークするために「を」を使おうと考えるのではないでしょうか。そこで出来上がった文が(エ)です。

(エ)Bさんが【 家を 】追い出される

どうでしょうか、なんか「会社を首になる」とつながるものが見えてきたのではないでしょうか。

■考え方(2)「追放する」を考える

(1)では「追い出される」で<受身>になっていて、確かに<受身>は<自動詞>とつながるのですが、やはり「(〜に)なる」という構文のものを考える必要があります。そこで、「追放する」を(1)のような手順で考えてみます。

(ア)Aさんが Bさんを 追放する
(イ)Bさんが Aさんに 追放される
(ウ)Bさんが( 空席 )追放される

「追放される」は「追放になる」という表現もあります。そこで(ウ)をこの表現に変えます。

(オ)Bさんが( 空席 )追放になる

「追放する」も「その場所から離れる」という意味特徴を持っていますから、(オ)に【場所】の情報を加えようとすると、(エ)になるはです。
(エ)Bさんが【 国を 】追放になる

■考え方(3)「首になる」に当てはめてみる

ここまで考えてきてわかることは、【場所】の部分を最初から考えて文を作って比べてみると、かえって分からなくなるということです。
「首になる」も基本は、他動詞の「Aが Bを 首にする」に対して「Bが 首になる」なのだと思います。そして、この慣用句の場合は、【地位】を表す名詞が来ますけれど、広く捉えれば【場所】になるので、(1)(2)と同じように考えていいと思います。
そして、その【場所】の情報を加えるにあたって選択される助詞が「離脱」を表す助詞「ヲ」なのだと思います。

(ア)Aさんが Bさんを 首にする
(イ)Bさんが Aさんに 首にされる
(ウ)Bさんが( 空席 )首にされる

(オ)Bさんが( 空席 )首になる

(エ)Bさんが【 会社を】首になる


■結論

ですから、「首になる」が自動詞だから「ヲ」を取るのがおかしいと考えるのではなく、
「教室を出る」は「出る」であっても「を」が使われるように、「首になる」も「ヲ」を使えるのだと考えるのがいいと思います。ただ、他の動詞と比べて「離脱」の意味が外見(?)上はわかりにくいという違いはありますけど。


■類似表現
>  また、このような「〜ヲ〜ニナル」という形は、これだけなの でしょうか? 「会社を首になる」というのは、慣用句として、
> 例外扱いしていいのか、それとも他にも用例があるのでしょうか?
> (自分は今のところ、思いつきませんが、一つ同じような意味で、「会社を免職になる」は言えるのかな?)

私も一日考えてみたのですが、思い付いたのは、上の「(国を)追放になる」と、あとは時代劇にしか出てこないでしょうけど「(江戸を)所払いになる」があるでしょうか。どちらも「離脱」の意味で使う動詞、慣用句はないかと考えてみたのですが、きっとほかにもあるでしょうね。
ちなみにgoogleで【を追放になる】【を追放になった】【を追放になって】を合計すると、けっこうヒットします。
「〜を免職になる」も少ないながらも使用例がありますね。きっと同じ心理がはたらいて「を」が使われるのでしょう。

No.765
投稿時間:03/06/25(Wed) 11:32
投稿者名:inuyama
Eメール:tinuyama@hotmail.com
URL :
タイトル:Re: 空いた席

Oyanagiさん

inuyamaです。
ご丁寧なレスをありがとうございました。
ありきたりな言い方ではありますが、「目から鱗が落ちた」ような
感じです。
自分はどういうわけか、ずっと「〜ヲ…二スル」という形しか見えて
なくて、この「ヲ」自体の使われ方を考えていませんでした。
確かに
「A(人)がB(人)を首にする」という文から出発すると、「会社ヲ」
の「席」がありませんね・・・。

> ★休む:「学校ヲ離れる」ということである。 →学校ヲ休む

 「新日本語の基礎機併笋持ってるのは中国語版機法廚隆末に
助詞の用法がまとめてあるページがあって、
[を]
A ごはんヲ食べます。その他
B 会社ヲ休みます。
C 部屋ヲ出ます。その他
D 公園ヲ散歩します。その他

 …と「ヲ休む」だけで項目になっていて、このBについて、他の方々
は一体どういう説明をしているんだろうと昔から疑問に思っていまし
た。(海外在住で、他の日本語教師の方々との交流があまりできない
環境にいます)

* 今、「みんなの日本語」を開いてみたところ、そちらでは
A わたしはジュースヲ飲みます。その他
B きのう会社ヲ休みました。
  毎朝8時にうちヲ出ます。
C 毎朝公園ヲ散歩します。
  
 …と、「離脱」の意味でまとめてあるようです。今気づきました!

> ■類似表現
> 「会社を免職になる」「(国を)追放になる」
>「(江戸を)所払いになる」 きっとほかにもあるでしょうね。

 検索までしていただいて、申し訳ありません。
 あと、自分が思いついたのは、
 「(掲示板を/雀荘を)出入り禁止になる」
 やはり、離脱の意味ですね。

 本当にありがとうございました。
 今後もこちらの掲示板に参加させていただきたいと思っています。
 どうかよろしくお願いします。

No.766
投稿時間:03/06/25(Wed) 22:14
投稿者名:きんちょ
Eメール:ak@chuwol.com
URL :http://www.chuwol.com/
タイトル:「〜をすきになる」

 趣旨としては あまり かわりばえしないのですが,こんなのも ありますね。

「大学を退学になる」
「組を破門になる」
「党を除名になる」
「掲示板を出入り禁止になる」

つぎのは誤用であるとも いえそうですが,はなしているときには よく いう表現であるような気も します。

「携帯に続きパソコンでも、児童(18歳未満)が(出会い系サイトを)利用することを禁止になる」


 ところで,あまりにも基礎的な語彙で ふつうに つかわれるので わすれられているのかもしれませんが,

「〜をすきになる」

という いいかたが あります。これは別物かなと おもったて かんがえてみたのですが,別の理由で「を」になると かんがえなければならない理由が おもいうかびません。
「〜が すきになる」でも おなじことを表現できるし,「なる」の性質からして一見,そのほうが しっくりいくように おもうのですが,実際は「〜をすきになる」の かたちは単なる「〜をすきだ」に抵抗が ある ひとでも 普通に つかうことが おおいくらいに 自然に つかわれているように おもいます。「すきになる」というのは離脱の意味ではなく,むしろ そちらの方向へ ひかれていく きもちをあらわしています。このへん,どう かんがえたら よいでしょうか。

No.768
投稿時間:03/06/25(Wed) 23:32
投稿者名:Oyanagi
Eメール:oyanagi@tky2.3web.ne.jp
URL :
タイトル:けっこう身近なところに!

きんちょさん、お久しぶりです。

やっぱり身近なところにありましたね。
どうも私は難しく考えてしまうんで、なかなか思い当たらないんですね。(反省)

> 「大学を退学になる」
> 「組を破門になる」
> 「党を除名になる」

さて、「〜を好きになる」という表現ですが、これは、「〜を首になる」とは違って、もともと対象をマークする「が」が使われていたのが、感情の向かう先として、他動性の意識が強く働いて「を」が使われるようになった、という例ですよね。
こちらのほうについては、また改めてレスをつけることにします。

No.769
投稿時間:03/06/26(Thu) 10:53
投稿者名:きんちょ
Eメール:ak@chuwol.com
URL :http://www.chuwol.com/
タイトル:わすれてください

 こんにちは。

> さて、「〜を好きになる」という表現ですが、これは、「〜を首になる」
> とは違って、もともと対象をマークする「が」が使われていたのが、

そうなんです。

ちがうように みえて、共通の問題なのではないかと おもったのですが、やっぱり ちがう問題でした。

> 感情の向かう先として、他動性の意識が強く働いて「を」が
> 使われるようになった、という例ですよね。

わたしは、「もともと対象をマークする」ものだとは わかっている つもりで いたのですが、同時に「なる」とも「を」によって関係しているかのように錯覚したのです。

 「わたしがマージャンをすきになったのは、…」

というときに、「なる」と関係しているのは「わたし」であって「マージャン」ではないですよね。そこが なんだか よく わからなくなったまま かいてしまいました。(実は めずらしくビールをのんだあと かきこんだ。)

それで、「〜を すきになる」が このまれる理由ですが、他動性をつよく意識するというよりは、「なる」に かかわる「が」、このばあいなら「わたしが」の「が」と混同して ちがう構文に解釈されないようにという意識が はたらいて「を」が選択されやすいのかなと おもいます。

> こちらのほうについては、また改めてレスをつけることにします。

いやいや、ひやあせものです。もう わすれてください。


コメントする


なまえメール
WWW
タイトル
コメント
参考
リンク
ページ名
URL


[HOME] [TOP] [HELP] [FIND]

Mie-BBS v2.13 by Saiey